終戦の日

IMG_9422.jpg

こんなのんきな、この子の写真を撮れるのも平和な証拠だす

 

IMG_9413.jpg

 

毎年、8月に入ると

つくずく日本人であることがいやになる。

そしてつくずく日本という国のえげつなさを痛感してしまう。

 

私の母はもう亡くなってしまったけど、子供の頃に終戦を迎えているので

子供とはいえ一応戦争体験者だ。

私が子供の頃から、日本という国は信じられない、

国民を平気で見捨てる!と

何度か吐いて捨てるように口にしていたのを聞いたことがある。

当時はその言葉の意味がよくわからないし

なんでそんな言い方をするのかまるで理解してなかった。

 

戦争関連の未公開の資料やら証言やらがわんさか出てきて

それらを再構成した番組がここ数年の間、次から次へと

NHKで放送されるのを見るにつれ、

日本という国は無謀ではなくて、バカなのか??と

思わざるを得ない。

 

タケヤリ持ってる姿は、かなりシュールなジョークでしかない。

特攻もどう考えても、正気の沙汰ではない。

崖から「ばんざーい!」とか言いながら飛び込む日本人の姿を見て

アメリカ人はさぞかし怖かったのではないかと思う。異常。

 

洗脳された日本国民は気の毒としか言いようがないけど

権力を持ったら、何をしでかすがわからないえげつない日本国の

血が脈々と自分の体にも流れているのかと思うと

いやになる。

現代の無責任な官僚たちを見ていても通じるものがある。

バカな官僚や頭のおかしな政治家は健在なのだ。わんさかいるのだ。現実に。

 

私は過去を振り返ることはほとんどしない。

同窓会とかも好きではない。

もし過去に戻れたらどの時点でやり直したい?と聞かれても

戻りたくないし、やり直したいとも思ったこともない。

 

でも、この間

「駅の子」という、戦争孤児のドキュメンタリー番組を見て、

初めて、もし過去に戻れるなら、この時に戻って

この子らにお菓子でもなんでも配ってあげたいと思った。

火垂るの墓も戦争孤児の話だけど

ちょっと悲惨さが駅の子とはレベルが違う。

 

戦争孤児がいるというのは知ってはいたけど

想像できなかった。

孤児だった人の証言を聞いて衝撃を受けた。

 

私は何も知らなかったんだな、、、と。

駅の子だった人たちも、人としての扱いを受けず

人権を蹂躙された経験をわざわざ思い出して語りたくもないのも当然で

我々がその現実を知る術もなかったわけだけど。。。

 

せめて、今日のこの日だけは

この先、こんな馬鹿げた世界大戦が2度と起こらないことを

静かに祈りたいと思う。

 

IMG_0535.jpg

後頭部もかわいいgabちん

 

 

Faye Moorhouse 女史サイコー!!!

IMG_9346.jpg

gabちんのあんよはかわいすぎる!

 

IMG_9345.jpg

totoも年なのかな、、なんか寝てばっかりだよー

 

IMG_9343.jpg

寝てるか、甘えてるか、ごはん食べてるか、、、って感じ

 

イギリから遠路はるばるやってきたZINEたち

Faye Moorhouseさんの

Birken cat goes to Hawaii

Birken cat goes to Iceland

one hundred curious cats

の3冊!!!

 

いやー、今日は快適だったのー。

都心は昼間は21度だよ!昨日35〜6度ぐらいあったはずなのに???

長袖が必要なぐらいの肌寒さ。

 

今日、ポストに先日注文したZINE(ジン)が入っていた!

ZINEってあんまり日本では馴染みがないと思うけど、

多分アニメとかそういう系?の人がコミケとかで自費出版とかしているような

小冊子的なもの。中身は絵本だったり、写真集だったり、それこそ漫画だったり

何かのカタログだったり、自費だからなんのしばりもなくとにかく自由なのだ。

 

イギリス人のアーティストで、私がインスタグラムでフォローしている人のZINE。

この間雨の日月曜日っちゅーことで、セールをやっていた。

3冊15ポンドでゲット!

通常はその人のZINEは1冊10ポンドぐらいで売ってるから超おとく。

絵本なんだけど、注文する時は内容はわからない。

ただ感覚で、これとこれとあれ、、という感じで

タイトルから3冊選んで買った。

 

当然私は猫の表紙のものを。

私はその人の絵が大好きなので、正直ストーリーがついているとは思ってなかったんだけど

ストーリーもあって、絵を味わいながらじっくり見た。

すごくかわいくて、ストーリーもよくて、くすっと笑ってしまうような内容で

ページをめくるたびに、頬の筋肉が緩む。

読んだあとに、久しぶりに心を揺さぶられてしまった(笑)

ものすごくシンプルで単純な物語なのに、読み終わったあとに

心が暖かくなる。

 

日本の絵本って、出版社の意向なんだろうね。。

子供が対象のものばかりで、

大人が読んでいいなーと思うものは本当に少ない。

(というほど読み漁ってるわけではないけど、、、)

 

これがナンバーワン!と言えるのは「100万回いきたねこ」だけかな。

絵もじっくり味わいたい、と思うものも本当に少ない。

 

でも海外の絵本は心揺さぶるものが多い。

なぜなんだろう?絵本という概念が日本と海外では違うのかな?

 

子供の時にみた「ちいさいおうち」とか

トルストイの「3びきのくま」とか

the giving tree(大きな木)。

大好きだった絵本はみな海外のものだ。

 

今でもぼろぼろの状態で持っているぐらい。

 

大人になってからは「リサとガスパール」が好きになって

日本で出版されていない絵本も何冊も海外から取り寄せて持っている。

日本で出版されていないものは、多分日本人のこどもウケしないやつなのかな、、、とか

思ったりする。

ガスパールがベネチアで一人でゴンドラに乗って、旅をする単純な話なんだけど

なんかシュールでおもしろい。

そういうシュールさは日本の絵本にはあまり見られないような。

 

もちろん子供用に、わかりやすくて、倫理観とか道徳を教えるような内容も

必要かもしれないけど、芸術は、人の感性に間違いなく働きかける。

そんな絵本がもっとあってもいいと思う。その時に読んでわからなくても

文学作品のように、大人になってからもう一度本を開いてみることがあるような。

 

 

IMG_9320.jpg

毎年、夏になると池袋にこの氷の塊が展示される。

みんな触ってる。そしてみんな写真を撮ってるんだけど、私もつられて撮ってもた(笑)

 

IMG_0517.jpg

この絵の背景の右側のお店。

一保堂の本店構えをラフスケッチしたんだけど、いつかは行きたいにゃー。本店。

時代は変わってるのね。。。

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

IMG_9235.jpg

久しぶりに水彩絵の具で絵を描いてみた。結構楽しい

 

IMG_0479.jpg

デジタルも楽しいけどね。

 

IMG_9196.jpg

新しいスクラッチャーを購入したので、

古くて捨てられなかった同じのと比べてみた。。。

 

IMG_9201.jpg

すごいお気に入り。やっぱり新しいのが好きなんだよね。。

昨日は、この上でtotoとgabちんふたり乗ってねんねしてた(笑)

 

今日は暇にまかせて、文章長めだす。。。

 

インスタグラムのダイレクトメッセージ(DM)という機能を

使って名前の通りダイレクトにメッセージがやりとりできる。

 

私のインスタはtotoとgabちんの写真しかポストしてないので

誰がどうみても、この人の家にはロシアンブルーが2にゃんいるのね、、

というのは一目瞭然。

 

時々、あなたのロシアンブルーはどこで手に入れたのか?という

問い合わせがある。

gabちんの顔が好きな人からの問い合わせだ。

 

興味ない人にはどのロシアンブルーも同じに見えるだろうけど

gabちんのお顔はかなり特別だと思う。

ブリーダーさんも好みがあるようで、

キャテリーによって顔のラインが変わってくる。

 

美しいロシアンのブリードラインを生み出すことに

命をかけているようなキャテリーのおうちの子はみんな

かなりの美人さん揃いだと思う。

インスタを見ていると、9割以上はわりと普通な感じのロシアンがほとんどだ。

totoもその9割に入るけど(笑)

 

ここからは私の勝手なロシアンブルー考察だけど(ちょっとタイトルから話がそれる)

私のインスタのお気に入りで本当にフォトジェニックなロシアンブルーのフォロワーさんが何人かいるんだけど

日本のロシアンブルーとイギリス、ヨーロッパ、アメリカの子たちと

ちょっと顔が違うような気がする。

日本でブリードされたかわいい子は、いわゆる日本人好みっていうのかな?

目が丸くて大きくて顔が少しまるっこい、いわゆるアニメ顔?

韓国のロシアンもその傾向があるように感じる。

 

それに比べて、海外の子たち(ヨーロッパ系)は結構しゅっとしてる感じ。

可愛いというより、美しいっていうのかな?

日本人の感性はやはりかわいい(愛らしい)よりなんだろうな??と思ったりする。

(gabちんのブリーダーさんがこのブログ読んでいたら、意見を欲しいところだ(笑))

 

さて、そんな感じなんで、

gabちんの顔を見て、こういうロシアンが欲しいという

人からの問い合わせの続き。

 

どこで手に入れたのか?から始まり、日本のキャテリーを教えて欲しいとか、

日本の夏は過酷だけど、温度管理はどうしてるのか??などなど。

英語で問い合わせがきた。本人のアカウントはプライベートだったので

どこの国の人かはわからないけど、英語は流暢な感じだった。

 

一応いろいろ教えてあげて、残念ながら、

gabちんのブリーダーさんは廃業している旨を伝えて、

私がロシアンブルーを探している時にいくつか目星をつけて

見学にも行ったキャテリーさんのHPのURLを教えてあげた。

英語ができるかどうかはわからんよ、、と付け加えて。

 

そしたら、年末に日本に1ヶ月ほど滞在するらしく、

一緒にくる人が日本語ができるから大丈夫だとか。。

その時に迎えて国に持って帰ることを計画しているみたい。

 

あと値段はいくらぐらいなのか?と聞かれた。

その人は私にメッセージを送る前に

イギリスとアメリカのキャテリーに問い合わせをしていて

すでに価格の下調べ済み。

 

最近の日本の猫の価格は、どうみても暴利だろ??っていうぐらい

跳ね上がってるので、私もよくわからないけど

totoとgabちんはこのくらいだったよ、、と教えてあげたけど。

ちなみに、この間ペットショップでみたロシアンブルーは50万超えだった、、、

ロシアンブルーに限らずすべての猫種が40万〜50万ぐらいが平均で

トイガーとかベンガルの模様がすごく美しい子とかは100万超えだった。。。

 

そもそも生きもに値段をつけるのはどうかと思うけど、、、

totoをうちに迎えたとき、ペットショップのコジマでは

ロシアンブルーは安い子は3万円台、高くても10万以下。

キャテリーでもショータイプの子は25万ぐらいしてたけど

15万前後がキャテリーの平均的な価格だったように思う。。

 

そんなわけで海外のロシアンブルーの価格も気になったので聞いてみた。

そしたらだいたい2000ドルぐらいが平均らしい。

DMしてきた人は2000ドルしか用意ができないとも言ってたので、、

 

ペットショップで5000ドルぐらいだったよ、、とは

なんか言えなくて、、、聞いてみて、、と投げてしまったけど。。。

 

1時間ぐらいやりとりしてたんだけど

本当に猫(ロシアンブルー)と暮らしたいという思いが

切実に伝わってきたので、私で答えられることはすべて教えてあげた。

 

最後にあなたはどこの国の人なの?と聞いてみたら

ベトナムだった!

なんか本当にボーダーレスなんだな、、とつくづく思った。

ドラえもんのどこでもドアに近い感覚?っていうのかな。。

誰にでも聞きたいことは聞ける時代っていうの??

便利な世の中だよ。

 

ベトナム、、、温度管理のこと聞くわなーーと思って納得。

その人は日本のことはわりと好きみたいで、ニュースとか結構チェックしているらしい、

今の日本の暑さのこともよく知ってたけど、

昨日はベトナムは38度だった、、と教えてくれた(笑)

 

それにしても、、

猫の話と陶芸の話になると私の英語はいきなり流暢になる(笑)

このくらいの流暢さが普通の会話でも欲しいところだけど

なぜかそうはいかないのが不思議なんだよね。。。

 

すごく英語が流暢な人にどうやったら英語がうまくなるのか

聞いたことがあったんだけど、なんの変哲もない日常会話が一番難しいと

言っていた。興味のあることとか、トピックがある方が話しやすいから

そこから切り込んでいくのが大人の勉強法だと言っていたことを

ふと思い出した。。。

 

IMG_0496.jpg

gabちんは私の腹の上がなぜかお気に入りなのにゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

バカなのか?

IMG_9188.jpg

この間、家に戻ってきたら、こんな感じでお出迎え。

この熱さのせいで、玄関までお出迎えしてくれなくなってる、、、

 

IMG_3691.jpg

やっと爪とぎを新調したよー

 

IMG_3685.jpg

あたやしいのはさいこーね

 

連日のこの殺人的な熱さ。

命の危険にかかわるような熱さ、と連日連夜報道がなされているにもかかわらず

学校で毎日のように熱中症で救急搬送されるニュースに枚挙にいとまがない。。

 

こういうニュースを見るたびに、

この学校の教員たちはバカなのか??と心のそこから思ってします。

普通だったら、外での活動はやらせない!と校長の鶴の一声で終わると

思うんだけど。。。

 

子供は大人とは違う、、ってそういう基本的はことを理解していないのに

教員やってんだ。。。と思わざるをえない。

世界の七不思議の一つに入れてもいいと思う。。

 

根性論で生きてきたような世代の人間が上にたつと

正しい判断が下されてないことがある。

下で従わないといけない人間たちは悲劇に巻き込まれ構図。

特に日本人はそういう傾向が強いように感じる。

 

私は東京オリンピックで死人が出ることに1票いれたい。。。

無謀すぎる。石原はそこそこ東京をよくしてくれた知事ではあるけど

オリンピックだけはダメだよ。ほんと失敗。

 

東京オリンピックを手放しで喜んでいる人がいったい

どのくらいいるんだろうか??

私は全国民対象に世論調査とかしてもらいたいな、、って本当に思う。

 

 

 

IMG_0461.jpg

人(猫)が一所懸命作業しているのに、無関心な子(笑)

確実にこの無関心な子は私だ(笑)

 

暑くて何もやる気ができない、、、

IMG_9122.jpgIMG_9124.jpgIMG_9092.jpg

アビシニアンを作ってくれと依頼がきたのに、どうみても

カワウソにしかみえない(笑)(笑)

 

IMG_9119.jpg

 

あ、、やる気がでないのは、

 年がら年中だった。。。暑さのせいにしてはいけない(笑)

でも今日バルコニーの地面に温度計おいておいたら、

午後2時ぐらいで45度ってなってた、、、

照り返しとかもあるとは思うけど。。。どうなのよ??

赤道直下か?ここは???

 

西日本で豪雨の被害に遭われた方々には

心よりお見舞い申し上げます。

、、と、、、なんかうすっぺらい言葉だな、、と思ってしまう。。。

 

ニュースで、被災者の方達が、こんなことは今まで経験したことない、、と

口々にいっているのを耳にするにつけ、、

そらそーだ、、と悪意はないけどつっこみたくなる。

 

3.11の地震の時も、

ここ数年あった街がまるまる水没してしまうような大災害の時も

みんな同じことをいっている。

 

3.11の時なんかニュースキャスターまでが、

私もこのようなことは経験したことがないのでわかりませんが、、、と

なんとも間抜けなコメントをしていたのが思い出される。。。

 

経験していたら、もっと危機管理の意識はかなり高くなるはずだよ。

 

インスタのフォロワーさんの旦那さんの実家が倉敷の真備で、家が水没したと聞いた。

両親はギリギリ避難できたけど、家に小型犬を2匹残してきて、

水が引いたあと家に戻ったら2匹とも目が飛び出して溺死していたらしい。

こういう話を聞くとやりきれない。

 

ニュースにはなってないけど、多分人間以上に

犬猫その他動物は死んでいるんだろうな。。。

 

冒頭の言葉は平和の象徴なんだな、、とつくづく思う今日この頃なのです。

本当に何もないって幸せなことなんだよ!と声を大にしていいたい。

 

さて、、、これまた平和でのんきな話なんだけど

2日前にGBが出た。

うちはgabちんが朝晩外にでたがるので、基本窓はあけっぱ。

そらGBも入り放題だろう。

窓を開けていなくても換気扇の隙間とか、、いろいろ入ってくるところはたくさんある。

 

ゴキジェットプロで秒殺したけど

ほんと気持ち悪いやつらだよ。

殺生するは好きじゃない。

蚊を殺すときでも一瞬「すまん!」と思いながら殺すが、、

やつらだけは情け容赦なく殺る。

絶滅しそうになっても絶滅危惧種には絶対入れないでもらいたい!!

 

不幸中の幸いで猫らより私が先に見つけた(笑)

大抵、虫はgabちんが最初に見つけて大興奮しちゃうから

猫が近くにいると殺虫剤は使えないから。

 

そういえば今年はまだ外にコンバットの結界を張っていなかった、、と思い、

即ポチ。これで

今年はもう見ないことを願うかぎりだ。。。

 

 

DSC09154.jpg

最近gabちんの写真が撮れない。日中はずっとクローゼットの中に

おこもり状態。

夜になるとのそのそ出てくるんだけど

猫版ヒッキーか??

 

DSC09147.jpg

オートフォーカスでピントを浅くして撮ると、猫の目だまの表面にどうやってもピントが合わない。

そういうときはマニュアルで。

 

DSC09137.jpg

暑いとgabちんはひきこもりだけど、totoはひっくりかえってる。。。

 

DSC09148.jpg

かわゆいのー