あたまにきたこと

yokeee,そんなことでイライラするなよ〜

無知な店員と、無知な飼い主のそばで生きる子もいるさ、、
みんな使命があるんだにゃ〜

ちょうよ、きにちないきにちない。

easy easy,,,


昨日、豊洲にある某有名ホームセンターの
ペットショップをみにいっていた。

展示即売のペットショップは正直絶対反対派!だけど
子猫や子犬はやはり見たい(笑)

ロシアンブルーの子猫のケースの前で
へばりついていた私のそばで
若いカップル?夫婦がスコティッスの子猫(生後1ヶ月多分♀)を抱っこして
店員にいろいろ質問していた。

その店員、、、
聞き捨てならぬことを言っていて
思わず私のアドレナリンが噴出。。。
ぐっと拳を握りしめ、なんとかこらえてその場を離れた。。。

その店員、
繁殖する予定がないなら
避妊はする必要はない、、、
自然の姿が一番動物にとって負担がない、、、
手術するのはかわいそうだ、、、
と避妊手術をする必要がないことをとくとくと説いていた。。。

ホームセンターに投書したろか!、、、とか
思ったけど、とりあえずしない。

このオヤジ(店員)が言ってることは
野生で暮らしている動物にとってはごく当たり前のことだけど
ペットとして人間と暮らす動物にとっては、それは違うんじゃね?と
思うのは私だけではないと思う。

もっとプロフェッショナルな意識で、そして
もっと動物のこと勉強してから仕事して欲しいもんだな、
と思った出来事でした。。。



写真集

こんなことを書いたら犬好きの人には袋たたきにあうかもしれない(笑)

でも、世に出回っている写真集と名のつくもので
動物を被写体にしているものは
圧倒的に猫が多い。
絶対多いと思う。

自分が猫と暮らしているからひいき目に見てしまうけど、
猫はやっぱり仕草が優雅だったりひょうきんだったり
二面性があっておもしろいと思う。

確実に絵になる、フォトジェニックだ。

今日本やさんで見つけた2冊。
立ち読みとは言えないレベルでがん見(笑)

大久保さんちのスープちゃん。すごい目力。


これは養老孟司さんちの猫さん。
スコティッシュ



うちのプリンスの写真集も出したいな〜、、、なんつって〜。




   ---------------------------------
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中〜 クリックよろぴく

猫の手


え〜っと、ここをこうやって、、、




ええ〜っと、、、


えええええぃ!!!しちめんどくせ!!!!


totoもそうだし、実家の猫もそうなので
多分誰のうちの猫さんたちもたいてい同じだと思うんだけど、、


私が何かやろうとすると手伝ってくれるというか
人間的には邪魔?(笑)してくれる。


たとえば、宅急便の荷作りなんかしていると
もー、興味津々で、手を出してくる。
箪笥の引き出しをあけても
興味津々で、中に入ったり出たり。しかもほぼ毎回(笑)


忙しくて猫の手も借りたいというのは
そこからきたのかな?と思う。

忙しいさなか人間が作業しているところを
必ず邪魔する猫。役に立たない猫の手に対して
昔の人はそんな風に言ったんじゃなかろうか、、、と思う。

辞書だと
非常に忙しく手不足で、どんな手伝いでもほしいことのたとえ。

なんかピンとこないよな、、これじゃ。
だったら犬の手でも、4つ足なら
なんでもいいわけで、、、。

猫的には一生懸命お手伝いしているつもりが
人間から見て、この手が役にたったらな、、、という
願望があったという方が納得いくような気がするけどねー。



  ---------------------------------
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキング参加中〜 クリックよろぴく
1