秋晴れの日に

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_1436.jpg

gabちん今日はおつかれさまー

 

IMG_1414.jpg

gabちんがごあいさつしたら、totoがシャーって言って、

このひるみ顔。。。

 

2ヶ月ぶりにgabちんの血液検査に行ってきた。

秋晴れで空気も涼やかで気持ちいい。

こういう気候の時に猫と病院とはいえ、

おでかけするのは楽しいもんだ。

 

そして、、検査結果は

前回より数値は少し下がっていてちょっと安心。

前回少し上がっていたから。

 

獣医さん曰く、そろそろお薬を視野に入れてもいいかも、、とのこと。

 

ただ、gabちんの場合は、普通の血液検査だと

Creの数値は今回2.7だったけど

前回の腎臓のSDMAの検査ではまだステージ2の

初期の数値だったし、

エコーで見る限り、そんなに腎臓の形の変形も見られない。

 

急いで薬を始める必要はないけど、

でも、いつかは始めた方がいいと言われた。

 

腎機能の低下した猫と暮らしている友人が数人いるけど

みんなお薬を飲んでいる。

 

なので、年内にもう一度ニャンドックで詳しい血液検査をして

SDMAの検査で前回より数値が上がっていれば

お薬を始めようと思う。

 

gabちんはおかげさまで

食欲旺盛、快便、元気もいいし、多飲・多尿ということもない。

典型的な腎不全の症状も出ていないから

次の検査でも悪くなっていないことを祈るしかないね!

 

 

IMG_1400.jpg

あれ?これ昨日のブログの写真と同じやん!?

昨日はハイキーで撮ったんだけど、こちらはノーマルで。。。

 

IMG_1390.jpg

こちらもノーマル。

 

DSC03824.jpg

なんか昭和の歌謡曲のレコードジャケットみたいな雰囲気(笑)

 

DSC03846.jpg

ソフトフォーカス。ふんわりした雰囲気でいいけど、

被写体と構図を考えて撮らないといけないね。。。

 

DSC03815.jpg

今朝はみんなでにゃんぽしたよー

 

DSC03811.jpg

 

 

 

病院で

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_4542.jpg

まめた君というそうです

 

IMG_4532.jpg

ずっと動いてて、撮るの結構難しかった。

 

昨日はタイミングよくgabたんのちっこが採取できたので、病院へごー!

11時前ぐらいだったけど、

にゃんと、待合室にたくさん人がいて座れない。

こんなことは初めてだ(笑)

お母さんとお子さん二人で来ていたファミリーが

席を譲ってくれた。

 

今行ってる動物病院、実はいついっても

そこまで混んでることはなくて

経営大丈夫かな?と密かに思っていた(笑)

 

今日は犬の患者さんばっかりで、

これまた珍しい。看護師さんも驚いてた。

私が12時ぐらいに精算を終えたときに

今日はgabちゃんが初めての猫の患者さんです、って

しかもしっこだけなので生体なし(笑)

 

隣に座っていた小学校2、3年生ぐらいの女の子が

すんごいちっこいスムースのチワワを弁当入れるような

小さいトートバッグに入れていた。

めちゃかわいい。 生後3ヶ月

 

一昨日家にやってきたばっかりとかで、

その女の子と弟君で毎日取り合いなんですーと

お母さんが言ってた。

ほんと微笑ましい。

女の子が可愛くてしょうがないって感じでわんこを大事にしてて

これまた愛らしかった。

 

私がそのチワワの後ろ姿がヨーダにそっくりだって言ったら

男の子がヨーダ大好きみたいで、

あー!ほんとだ!ヨーダだ!!って大喜びして

かわいいかわいいと後ろ姿を見ようとするんだけど

子犬は好奇心が強く、正面向いちゃうんだよねー(笑)

 

カメラを持っていたので、写真を撮らせてもらって

そのままスマホに転送して、その家族のお母さんの

iPhoneにエアドロップで送ってあげた。

女の子も一緒に撮ってあげたかったけど

今、人の写真撮るのは微妙なので、それは言わなかった。

 

めちゃ喜んでた。

キレイに撮ってあげると、ほんと喜ぶ人多いよね。

お子さんたちが、家にわんこがやってきてから

一所懸命カメラで写真を撮ってたらしいんだけど

子犬は動くし、その子、白っぽい体だから

写真撮るのは難しいだろうに。

 

さて、、、gabたんのしっこ検査だけど

潜血反応が+、タンパクが+−、、、と、完全に健康という感じではないけど

この間の血液検査では特に異常もなかったので

急いで薬を飲むというより、経過観察になりやした。

 

腎友のスコティッシュのこなつちゃんの

体調がすぐれないとかでブログがおやすみになってた。。。

大丈夫かな、、、心配だな。。。

 

DSC01366.jpg

今日もやや暑かったけど、30度ぐらいの暑さはわりと平気だよねー

 

DSC01377.jpg

 

 

検査結果

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_9789.jpg

このじぇゆまっとはひえすぎなのよねー

 

IMG_9785.jpg

このネコ目クリスタルを私の得意分野してやろうかと考えている(笑)

ネコ目の写真集とか出しちゃったりして(笑)

 

IMG_9798.jpg

かわゆすgabちん

 

昨日獣医さんから電話がかかってきた。

 

腎臓のスクリーニング検査(SDMA)の詳しい結果が出た。

 

全然悪くなってなかった!!

むしろ数値が下がっている!!

ステージ1に限りなく近い数値まで下がってる。

びっくらだ。

去年の9月の検査時より、数値が下がってるにゃんて!

gabたんの腎臓よくがんばってくれてる。

 

gabたんはまだ薬も飲んでないので、

何が効いてるのかわからないけど、

療法食やら、サプリメントやら、人間の酵素ドリンクやら

なんやらかんやらあげてるから

何かが作用してるとは思うんだけど、

でもやっぱりgabたんの生命力のなせるワザなのかなと思う。

 

まだ尿検査してないからなんとも言えないけど

蛋白が出てなければ、薬は急いで飲まなくてもいいみたいだ。

あー、、よかったよかった。

 

話は変わるけど、、(笑)

先日ニトリのNクールという敷きパッドを買った。

接触冷感素材でひんやりする。

うちには塩の入ったひえひえジェルマットもあるんだけど

これは本当に冷たい。

totoもgabたんもジェルマットの上に乗るけど

すぐに移動するので、多分ひえすぎ?

 

でもNクールはちょうどいいみたいで、totoもgabたんも

よく上に乗ってねんねしてる。

 

ネコのために買ったわけではないけど、

気に入って使ってくれるとやっぱり嬉しいね。

 

gabたんも悪化してなくて一安心。。

 

IMG_9776.jpg

totoはあいかわらずひっくり返っております(笑)

 

IMG_9769.jpg

お行儀悪くてすんまそん

 

今日のおまけ画像。totoの生後3ヶ月ぐらいの写真が出てきたー!

写真だと大きさわからないけど、体長20センチぐらいかな。うちに来て1週間ぐらいの時のtoto。

 

 

 

 

 

 

 

 

定期検診

JUGEMテーマ:にゃんこ

DSC01530.jpg

ノーファインダーで撮った割にはいけてる感じ?

 

DSC01456.jpg

いれてーーー!

 

DSC01457.jpg

猫は縦ににょーんと伸びるんだよねー

 

今日は2ヶ月ぶりにgabたんの定期検診。

 

相変わらずgabたんは本当にいいこで

診察台の上でも超リラックス。

獣医さんも採血しやすいらしい。

 

看護師さんも、gabちゃん、いつにもまして今日はリラックスしてますね、って

言ってた。ほんとにいい子だわ。

 

さて、、検査の結果なんだけど、

前回リンの値が上がっていた(フードを変えていた)ので、

また元の療法食に戻したら、リンの値はまた下がっていた!

やったーーーっと思ったら

今回はクレアチニンが上がっていたので(汗;)

もう少し詳しいSDMAの検査を追加でしてもらうことに。。。

検査結果次第では、これからお薬を飲んだほうがいいかも、、、という感じ。

 

gabたんが腎臓悪くしたのはちょうど3年前の今頃。

3年間お薬飲まずにサプリと食事だけで、なんとかキープしてきたのも

まあ、奇跡なのかな。。。と

 

gabたんにはなんとしても長生きしてほしいので

もしお薬飲むことになったとしても、がんばってほしいのにゃ。

 

検査結果は2日後ぐらい。。。どきどき。。。

 

DSC01472.jpg

猫のこういう何気ない仕草が本当にかわいいわー

 

DSC01523.jpg

gabたん病院がんばったにゃ

 

DSC01524.jpg

後頭部もすべてかわゆい

 

やりなおし

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

IMG_8522.jpg

ねぇむーみん♫ こっちむいてぇ〜

 

IMG_8523.jpg

あたちのことよんだ?

 

今まで生きてきて、いついつに戻って、なになにをやり直したいとか

思ったことは一度もない。

自分の人生に後悔していないというと、かっこいいけど

私の場合そうではなくて、またあの時点から人生をやり直すなんて

面倒くせ。。。とその一言につきる。

 

でも、、ある時期にだけ、戻りたいポイントがある。

3年前の7月。

gabたんの腎臓が悪くなる直前だ。

 

gabたんの腎臓が悪くなったのは

多分、獣医から与えられた消炎鎮痛剤のせいじゃないのかな、、、と

ずっと疑っている。

 

gabたんは、totoと違って、本当に健康優良児だったため

病院に行ったことが一度もなかったので

私も何の疑いももたず、薬を与えてしまった。

 

薬を与え出して10日ほどで腎臓が急激に悪くなって

もしかして死ぬかも、、、と思ったら私が動揺しすぎて

冷静な思考が完全欠如していた、、と今は思う。

そして、gabたんの病状が落ち着いてからも

実は怖くて、獣医に与えられた鎮痛剤の名前を聞けなかった。

 

先日友人から、ちゃんと薬の名前は聞いておいた方がいいと

強く言われて、今日電話で聞いてみた。

電話を切ってすぐに、ネットで調べたら

急性腎不全になる副作用のことが書かれていた。

そして、同じように、この薬を与えてから

急性腎不全でなくなってしまった猫ちゃんの飼い主さんの書き込みとかあって

だんだん気分が悪くなってきた。

 

もし、3年前のgabたんの状態が絶不調の時にこの情報を知ってしまっていたら

私は件の獣医に何かとんでもないことをしでかしてしまうぐらい

冷静さを欠いていたかもしれない。。。

そんな自分を想像して薬の名前を聞けなかったということもある。

 

もちろん、この薬の副作用じゃないかもしれない。

でも薬を処方された時に、インフォームドコンセントは

まったくなかった。これは確実に覚えてる。

 

今まで何軒か他の動物病院に行ってるけど

何をするにも最初に詳しい説明があって

逆にまどろっこしいな、、と感じることもよくあったからよく覚えてる。

インフォームドコンセントをしない獣医が珍しいな、、、と。

 

今となっては、本当にどうしようもないけど

もし戻れるなら、3年前のあの時期に戻って

あの消炎鎮痛剤を与える自分を阻止したい、、と本当に強く思う。。。

 

3年ぐらいなら、人生やり直すのもそれほど面倒くさくなさそうだし(笑)

今日はgabたんに本当にずっと謝っていた。。。

gabたんごめんね。無知でバカな私を許して欲しい。

 

IMG_8556.jpg

きゃっはー!

 

IMG_8646.jpg

こんな目でじっと見つめられると、、本当にまっすぐ目が見れない私を許してちょーだい。

 

IMG_8661.jpg

とにかく今の状態をずっとキープできるようにがんばらねば。。。

 

IMG_8614.jpg

totoのにゃんどっくの結果はまた次回に書くね。。。