旅の記録

17・05・04 _001s.jpg

父親の慣れないカメラで、かつ天気がすごくよくて、液晶が全然見えなくて

ぶれぶれ写真を大量生産してしまった(笑)これは兵庫県の出石というところ。

お蕎麦が名物らしく、並ぶのが死ぬほど嫌いなこのわたしがそばを並んで食べました(笑)

 

17・05・04 _007s.jpg

小皿にのったお蕎麦が出石のそばのスタイルだとか。ピントあってなくて気持ち悪い写真だけど

雰囲気はこんにゃ感じ。

 

17・05・04 _006s.jpg

こういう手入れの行き届いた古民家ってなんかいいよねー、それにしてもほんと天気がいい。

暑かったけど、街の雰囲気はすごくよい。

 

17・05・04 _013s.jpg

出石は磁器の産地でもある。

この川のすぐ横に窯元があった。結構いい器作ってたなー。

六古窯以外の焼き物の産地といえば多治見とか益子とか有田なんか超有名だけど

出石は地味だよね。。もっとアピールすればいいのに。

 

ゴールデンウィークは実家に遊びに行っておりました。

実家といっても名ばかりで、住んだことがない場所なので

友人がいるわけでもなく、懐かしい景色が待ってるわけでもなく

親に会いに行くだけが目的の不思議な場所。

 

繁華街にはほぼ興味なしの私。

というわけで今回は繁華街以外の場所に連れていってもらいました。

日本ってどこでも結構いい場所たくさんあるよねーと再認識。

 

以前実家から送られてきた、ジャムが激うまで、

なんじゃこりゃーーーー!!!と衝撃を受けたので

その神戸モン・シェリというジャム屋さんに連れていってもらいました。

週に一度、しかも昼からしか店を開けてないという(笑)

贅沢なお店です。

 

お店に入ると、新緑の眩しいテラスに面した席に通され、

ジャムの試食と紅茶をいただく。器もマイセンやらジノリやら、、、

ゆったりとした空間でなんとも贅沢。テラスから見える景色も

軽井沢の別荘か?という雰囲気の光景が広がる。

軽井沢に別荘持ってないけどね(笑)

 

試食が終わると、店内のジャムを買う。私の分と、実家分とあわせて

1万円超え(笑)ジャムで1万オーバーって、、、

 

ここのジャムは衝撃のおいしさだ。

さっきからジャムジャムといってるけど

正確にはコンフィチュールです(笑)

 

この間書いけど、死ぬまでに一度は食べたい

夙川ミッシェルバッハのクッキー同様、

モンシェリのコンフィチュールは死ぬまでに食べた方がいいね。

 

そうそう、噂のミッシェルバッハも行ってきたけど、案の定

クッキーは売り切れ。。。ということで焼き菓子を買ったけど

こちらは死ぬまでに食べなくても大丈夫な感じだった(笑)

 

山手線の中の土地は、皇居周辺を除いて、ほんと坂が多くて

登ったと思ったらくだって、また登って、、、っていう地形が多くて

チャリ移動は結構大変。

 

しかし、、、神戸という街は、

海岸付近から山の方にかけて街が広がっているので

延々と坂を登り続ける地形。しかも坂のこう配がはんぱねー。

これ、、、年とったら生活する大変だよー。みんなどうしてるのかな??

足が鍛えられて、病気しないのかしら?

 

ま、、、みんな車だろうけど、、、。

 

17・05・04  _002s.jpg

神戸の街は坂にへばりつくように住宅街があるんだなーと、再認識。しかし、、、

日本の街はどこに行っても電柱と電線で景観ぶち壊しだよね。もったないな。

モン・シェリのあるすぐ横の道路。閑静な住宅街にひっそりたたずむジャム屋さん。

ファンタジー映画の世界みたいだった。

17・05・04  _004s.jpg

このテラスからの景色を臨んで試食です。

17・05・04  _006s.jpg

もはや試食の域を超えている(笑)

この日はお昼食べなかった。このほかに紅茶と、枇杷のジャムの試食、マンゴーシロップのソーダも

いただいた。

 

ジャム屋入り口。魔女の宅急便のイメージだ。

お店のオーナーのマダムがまた上品な女性。

私の頭の中のイメージは、週1回の開店にそなえ、毎晩、銅製の大鍋で

おいしいジャムをぐるぐるかき混ぜている感じ(笑)

宮崎駿氏の映画の世界だ。

 

(写真の女性はオーナーではありません。家族です)

 

17・05・04  _013s.jpg

そして、この見事に電柱のない街。芦屋の高級住宅地の六麓荘町という地区。

芦屋市は全部高級住宅地だと思ったら、どうやらこの町だけのことみたいだ。芦屋市は市全体で

景観を美しくしようという取り組みが始まっているみたいだけど、この町はいち早く、電線を

地中に埋めたとか。こちらも坂がすごくて、坂の上の多分一番の豪邸?まで辿りつくことができなかった(笑)

 

IMG_5176.jpgIMG_5191.jpg

 

 

 

ゴールデンウィークは

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_5160.jpg

まったりー

 

IMG_5157.jpg

gabちんのおケツがでかいのはカメラのアングルのせいです。。。

 

IMG_5103.jpg

じーー、、監視中のgabちん

 

IMG_5118.jpg

 

このGWは3日昼過ぎに家を出て7日の夕方6時ぐらいに戻ってくる

予定だった。

 

しかし、7日は予定を6時間ほど早めて昼過ぎに家に戻ってきた。

理由は、、、また前日の夜からフィーダーのカリカリが出ていなくて(汗;)

お腹すかせているに違いにゃい!と

6時間ほど早めて帰ってきた。

 

東京駅についてから、

小走りで家まで、、、。

小走りしてもせいぜい数分ぐらいしか早く到着しないのはわかってるけど

走らずにはいられない。

 

玄関の扉を開けたら

totoもgabたんもお出迎え。

急いでカリカリの支度をしたけど

お腹はすいていない(笑)

外に出たかったみたいで、窓を開けてあげたら

嬉しそうに、ふたりとも外の空気を楽しんでいた。

 

私も少し疲れたので、座ってぼーっとしてたら

totoもgabたんも私のそばにやってきて

ずっとまったりしていた。

 

猫らも私がいないと寂しいのかな、、、(^ ^)

だとしたら嬉しいにゃ。

 

恥ずかしげもなく足晒しておりますが、、、どうしても

このtotoとgabたんの姿を見せたかった(笑)

 

IMG_5151.jpg

おみぐゆしいあしをおみせしてすいません。あたちがかわいにあやまゆわ。

 

IMG_5136.jpg

よーきーにかわって、あたちのせくちーだいなまいとぼでーをおみせすゆわ

けけけけ

 

IMG_5089.jpg

 

ねこのおしゃべり

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_3452.jpg

みーしゃはとーさんが好きだにゃー

 

IMG_3466.jpg

シッターさんにずんずんくるgabちん(笑)

 

IMG_3465.jpg

ちったーさん、はやくおやつください。

 

IMG_3471.jpg

あまえんぼうのtoto

 

ロシアンブルーはボイスレスキャットといわれ、、

という説明文がネットのいたるところに転がっている。

当然、totoを迎え入れるときそうだと思った

けどtotoはおしゃべりだった。

 

鈴のなくようなソプラノボイスでにゃーにゃー言う。

totoを見ていた状態でgabたんを迎えいれたら、、、

これまたgabたんはうんともすんとも言わない

見事なボイスレス。

 

なんなのこのギャップ?

やっぱりtotoにはロシ疑惑があるんじゃないの?って(笑)

 

しかし、、どういうわけかtotoの影響を長年に渡って受けたせいか

gabたんも最近は少しだけおしゃべりするようになった。

といっても3日に1回ぐらい、にゃーんって言うぐらいだけど。

 

そして、、、実家のミーシャのおしゃべりといったらすごい。

ずっとにゃーにゃーにゃーにゃー言ってる。

totoの比ではない。

 

なんでにゃーにゃー言うの?と思ったら

猫もいろいろ人間に報告したいことがあるらしい。

だから猫がにゃーにゃー言ってるときは、「へーそうなんだ?ふんふん、、と

真剣に相槌を打って話を聞いてあげるといい」とか。。

 

特にミーシャは外に出る子だし、外でゲットする情報量も多いから

報告事項が多いんだろう、、ということで

さっそく、うんうんと話を聞いてあげたら、、

ぴたっとにゃーにゃーがやんだ。

 

まじか!?(笑)

 

IMG_3472.jpg

オレあまえんぼーにゃー

 

IMG_3474.jpg

あたちもよーきーにあまえてゆの

 

平和の使者

JUGEMテーマ:にゃんこ

IMG_5051.jpg

別に不機嫌なわけじゃないですよ

 

IMG_5045.jpg

おねえっぽいtoto(笑)

 

寝ても寝ても眠い。

とくに春眠暁を覚えず、、ってもう春は終わってる?

私は結構いつも眠い。。

1日の睡眠時間が10時間ぐらいは必要だな、、、と思う。

 

少し前に「ねこメンタリー」という

番組をNHKでやっていた。

作家の角田光代さんと猫のととの生活を綴ったドキュメンタリー。

 

その中で角田さんの書いた「任務18年」というショートショートがおもしろかった。

 

猫は平和の使者で担当の人間の元にやってきて平和活動をしている。

善良な人間になるわけではないけど小さな生き物に

対しては平和的な心になる。

 

狭い額から睡眠誘発剤を出して、人間はそれを無自覚に吸って

眠くなる。人間はすやすや眠りこむだけで

平和的な気持ちになるんだとか、、、というくだりがあるんだけど

 

確かに猫は睡眠誘発剤を出している。

私がいつも眠いのはそのせいか!と妙に腑に落ちた(笑)

 

しかもうちには2にゃんずいるからダブルだ。

今これを書いている隣で

totoもgabたんも眠りこけている。。。

平和の使者。。。。

 

IMG_5031.jpg

gabたんの足がすごく短く見えるのはカメラのアングルのせいです。。。(笑)

 

IMG_5017.jpg

なぜかイカ耳のtoto。。。

ちなみに、、、角田光代さんちの猫もトトというけど

うちのtotoの方が年上ですから。真似してないよ(笑)

 

IMG_5008.jpg

 

IMG_5005.jpg

gabたん、このきったねー、バルコニーで体をぐりんぐりんこすりつけておりました(笑)

 

 

 

 

ぐうていもく

IMG_3409.jpg

iPhoneでもクリスタルなお目目は撮れるにゃ

 

IMG_3419.jpg

ヨーキーは写真をサボってるのにゃ

 

気がついたらブログが1週間とまっとる!

こんな長くサボったのはじめて???

 

今週はいろいろ考えることやら

やることが多くてつい、、ね。

というのはまあ、言い訳だけど(笑)

 

 

この鹿の剥製。。浅草橋にある皮屋さんの店舗の前に

ディスプレイされていた。

 

私は基本生き物はすべて好きだけど(一部の昆虫は除く)

中でも猫科の動物は別格って感じなぐらい好き。

猫科の動物の体のしなやかさは他のどの生き物よりも美しい。

 

フォトジェニックというか、生き物としての美しさは

他に類を見ないのでは?と思う。

 

でも鹿とかインパラ、ガゼルとか、他のぐうてい目の子たちも

心惹かれる。

彼らを遠目でみると猫同様バランスの取れた

美しいプロポーションをしていると思う。

しかーし!顔をよーくみると

目の中の瞳?が横一で、

じっくりみると割と変な顔をしている(笑)

 

だからなのか?

私は彼らをかわいく絵に描くことがなぜかできない。

すごく難しく感じてしまう。

猫はかわいく描けるのに、、、(笑)

 

いやー、今週は鹿の絵の難しさについて悩んだわー(笑)

 

IMG_4986.jpg

よーきー、あたちたちのめんどーみなちゃいよー

 

IMG_4989.jpg

今は換毛期なので、また毛玉が育ちます(笑)

 

IMG_4992.jpg

ぷすぅ〜